ローコスト住宅で良くなる生活3選

自分だけの部屋と空間が増える

広い家で自分の部屋や寝室ができれば、趣味の部屋や自由な空間が増えて自由度がアップします。

家族計画に合わせて生活できる

子供部屋、寝室、リビング、キッチンなど目的ごとの空間があれば生活はもっと便利で安定するでしょう。

大きな家具や好きな車を買いやすくなる

好きな家具、欲しかった車も所有しやすくなり、理想的な生活を送りやすくなります。

ローコスト住宅でなくても良い家を入手することはできますが、ローコスト住宅を選べば、それだけ内装にお金をかけられるようになります。

特に家具、駐車場、システムキッチンなどはとても価格も高いので家そのもの、土地にお金を無駄に使うよりは生活に直結する部分にお金をかけたほうが暮らしは良くなります。

ローコスト住宅ならば、子どもが壁紙や床を汚してもリカバリー、修繕にもお金を確保しやすく、自分の生活空間を自由に確保しやすくなります。リノベーションやリフォームをして理想の家作りをするのにも便利です。

ローコスト住宅の質は年々向上しており、より安く、安全で良いものを、スピーディーに作れるようになっています。耐震性、保温性、防音性など一般家庭で実現できるレベルは高まっているので、ローコスト住宅でも十分です。

もちろん、高い素材を利用すればそれだけ自己満足は増えますが、いずれは劣化して交換することになるため、ローコスト住宅を選んだほうが生活は安定させやすいです。子どもの成長やペットの迎え入れに応じて生活空間を変えやすいのもローコスト住宅のメリットです。

新築は譲れない?新築じゃなくてもいい?

ローコスト住宅を購入する場合と、結果的にローコスト住宅にする方法があります。

最初からローコスト住宅を購入して新築を入手するのも問題ないですが、安い物件を中古で購入して新築を建てるのと同じ価格未満でリノベーションして理想の家にするという方法もありです。

ローコスト住宅の多くは注文住宅とは異なり、最初から間取りやキッチン・トイレなどが決まっている場合が多いです。

そのため、同じ金額を支払うならば、リノベーションやリフォームで理想とする家具を導入できる可能性が高い中古住宅の改築をするのも人によっては最適です。

子育てをする場合は、中古住宅のほうが壁や床に傷や汚れがついてもあまり気にならない可能性があり、子どもの成長を自由に見守れるかもしれません。子どもにとっても不必要に耐えないといけないことが少ないので、新築が良いか、新築でなくてもよいかは大切な判断基準になります。

もちろん、ローコスト住宅でも家具、キッチンを選べる場合があります。また、中古物件を買ってリフォームするほうがコストが高くなる場合もあります。

どちらが良いかはケースバイケースなので、ローコスト住宅を建てようとしている場所の近くに中古物件がないかどうかチェックし、いくらでリフォームできそうかなども確かめておくとより失敗のない判断ができるでしょう。

新築で購入したほうが良い場合もあれば、そうではない場合もあるので、さまざまな条件を分析して住宅を手に入れてください。

リノベーションでも住宅をゲットできるかも!?

壁と床の張替えでイメージはかなり変わる

壁と床の張替えはそれほど大変ではなく、この張替えだけで内装のイメージはかなり激変します。

庭の広い家をゲットできるかも!

安い土地に建っている安い家の庭をきれいにすれば広い庭、駐車場を安く入手できるかもしれません。

風呂とトイレの広さは変わらないかも!

リノベーションしても風呂やトイレの広さを変えられない場合があるので、事前に覚悟はしておきましょう

少しでも安く一戸建てに住みたい場合は、リノベーションやリフォームを考えておくのもおすすめです。

ただし、庭が荒れ放題になっていたり、害虫や害獣の問題、風呂トイレの広さなど欠点もあるので理想の条件に近い家があった場合にのみリノベーションやリフォームを考えると良いでしょう。

こうした家との出会いは運命なので、どんどん良い物件を探していく必要があります。そういった物件を見つけるのは素人にはかなりの時間と手間がかかるため、相当大変かもしれないということも覚悟はしておきましょう。

子育てを考えたらローコスト住宅でも十分!

子育てをするための引っ越しなのであれば、ローコスト住宅でも問題はないでしょう。むしろ、家の壁や床が汚れる可能性があるため、ローコスト住宅のほうが子育ての自由度が高まる可能性があります。

子育てを終えて、子どもが独り立ちしてからまた別の理想の家を購入するというのもまた魅力的です。夜景の見える家、海の見える家などをまたローコスト住宅で建てて、のんびりと余生を過ごすというのもありかもしれません。

子育て中に3000万円の家を購入するのと、1000万円の家を購入するのでは、後者のほうが子どもにかけてあげられるお金も増えて、生活の余裕も生まれます。

稼ぐために仕事をしすぎて、家庭と子どもを結局犠牲にするくらいならばローコスト住宅を選んで金銭的余裕を優先したほうが良いかもしれません。

毎月の支払いの負担が大きいと、子どもと余裕を持って接する精神も保てない可能性があるので、生活面をよく考えればローコスト住宅でも特に問題はないでしょう。

タウンライフ

一戸建てを購入する意外にもさまざまな生活・住まいに関することをサポートしてくれるサービスとしておすすめです。教育から将来の介護のことまで考えて家造りができるかもしれません。

タウンライフの総評

保険も教育もカバーしている
不動産購入&売却も対応している
リフォームや住宅ローンもサポートあり


持ち家計画

一度の入力で、複数のハウスメーカー・工務店に資料請求が出来るサイトです。
注文住宅で家を建てたいと思っていても、どこに依頼したら良いか悩んでいる方に役立ちます。
持ち家計画では、一度の入力で複数の工務店ハウスメーカーを選ぶことができるので、依頼先の検討に最適です 。

一番人気は『タウンライフ』の資料請求

さまざまな情報サービスや一括請求サービスが有る中で、「タウンライフの資料請求」は住宅に関係する知識も保険や子育てに関係する知識も身につけられるため、利用を一番におすすめできます。

ローコスト住宅を建てて、生活においてもコストを最適化するにはやはり知識と情報が欠かせません。

どんなちょっとしたことでも知らなければ実践できませんので、ローコスト住宅を建てた後にもしっかり生活を守っていけるように「タウンライフの資料請求」で学んでいきましょう。

ここだけで情報が足りない場合や、デザイン性を重視したい場合、他にも気になることがある場合は、他のサービスも併用して希望通りの生活を送れるようにしましょう。

ローコスト住宅を購入する場合でも住宅ローンやお金のこと、教育や保険にかかる家族のお金をきちんと学んでいられれば、それだけ有利に仕事と生活を両立できます。

車の購入や家電の買い替えなどにかかるお金も考えれば、ローコスト住宅を選んだほうが負担は軽く済みます。

少しでも無駄なく、必要なところにはしっかりお金を使えるように「タウンライフの資料請求」を生かしてローコスト住宅と生活に必要になるお金のことを学んでください。

なかなか先の見えない今の時代だからこそ幅広い知識が必要になりますので、お得に情報収集して、家族の将来や理想的な生活を守りましょう。

 

ローコスト住宅を建てるために資料請求を使用した方の口コミ情報

実際に資料請求してみて(30代男性)

ローコスト住宅を考えたのは夫の一言があったからでした。「これからいくらお金がかかるか正直分からない。安定志向で生活していったほうが良いと思う。」と言ってくれたので、妻として無理に背伸びをしなくても済み、子供優先、生活優先で考えていって良いんだなと踏み切れました。

年齢的にはお互いに社会的な地位や世間の目も気になる年齢だったので、きちんとした暮らしをしたほうが良いかとか、義両親に見せて恥ずかしい暮らしはしないほうが良いかなどという点が心配でしたが、夫のはっきりと節約志向で行こうという道を示してくれたのは助かりました。

個人的に、若い頃からあまりお金をガンガン使って生活するような暮らしは望んでいなかったので、節約に関しては何も不満はなく、豪邸のようなところに住んでしまうと私の場合は逆に落ち着かないと思うので、ローコスト住宅でちょうどよかったと思っています。

実際にいくら掛かるのか調べてみると予想していたとおり初期費用でいくらかお金がかかりますが、その後の毎月の支払いは今住んでいるマンションの支払いとほとんど変わらない金額でした。頭金で50万円、毎月の支払いが混み混みで約5万円とかなり安心の内容だったのでそのまま引っ越しでも良いかなと思っています。

しかし、念のためきちんと人生設計を立ててみると保険、自動車の購入&買い替え、子育て費用などの毎月固定の出費が増える可能性があったので、もう少しでも安くなる場所を選ぶか、子育てが安定するまで待つか、自動車の心配の要らない場所に住むかなど、生活に直結する内容を優先して現在ローコスト住宅を選別中です。資料請求して早めに一緒に考えられてよかったなと思っています。

家族で相談するのに最適かも?(20代女性)

ローコスト住宅の資料請求をして家族で食事をしながら、引っ越しする家のことをまとめるのに使いました。

子どもの希望や子どもに適した環境はまだ明確ではないですが、将来的にどんな収入の範囲内で生活するかを現実的に考えて、前向きに家のことを考えられたのはやはりわかりやすい資料があったからでした。

ちょうどパートナーは本格的な家を建てようとしていたのですが、私としてはそこまで背伸びをして無理をして良い家を建てなくても良いだろうという気持ちがあったので、支払いをすべきことは家のローンだけではなく、保険、車のローン、家具のローン、教育ローンなど複数あるというのを資料のおかげでパートナーに伝えられました。

自分で口頭で説明するのは大変で、口下手な私にはできないことでしたが、資料を家族で見れたので思惑通りに事が運んでいます。家族に口頭で相談するのが難しい時、話を切り出すのが難しい時にはこうした資料を使って話したほうが良いと感じました。

資料請求にはお金はかからないですが、営業の連絡は何度か来るので、用事がないうち、まだ決められないうちははっきりとそのことを伝えておくと静かになります。

利用するメーカーなどもまだ決定していないので、少し急ぎながらも家族のペースで前に進めれば良いかなと思っています。

更新日:

Copyright© ローコスト住宅を後悔せずに建てる裏技!知らなきゃ損! , 2019 All Rights Reserved.